BLOGブログ

2018.02.09
矯正コラム

矯正を隠したい方におすすめ!リンガル矯正とは?


歯並びは、人間の体に大きな影響を与えています。例えば、歯の位置がずれていると噛み合わせが悪くなり、すべての歯でしっかりと咀嚼するのが困難になります。それが胃腸をはじめとする消化器官への負担につながったり、歯磨きやデンタルフロスの効果が半減するために虫歯や歯周病のリスクが高まったりします。中には、歯並びの悪さがコンプレックスとなり、慢性的なストレスを感じることにもつながる場合があります。
このような歯並びに関するトラブルやコンプレックスを解消するのが歯科矯正です。もっとも、治療中の見た目が気になってなかなか踏み出せないというケースもあります。どうしても矯正治療時の見た目が気になるという方には、新しい矯正治療法として注目を浴びているリンガル矯正(裏側矯正)がおすすめです。

■リンガル矯正って何?普通の歯医者さんでも受けられる?

リンガル矯正とは、歯の裏側に矯正用の装置を取り付ける治療法です。見た目では矯正治療中であることが分からないため、人知れず治療を続けることができるのです。歯の裏側に取り付けるとはいえ、装置そのものが薄型となっており、舌などへの違和感も抑えられています
この他、裏側に装置を取り付けることで、歯が後方へ動きやすいという特徴もあります。これにより、従来の矯正治療が難しかった「上顎前突症(出っ歯)」の改善も期待できるようになりました。
一方、リンガル矯正時のデメリットとしては日常会話における滑舌への影響が懸念されます。この点は、後述する薄型矯正装置の登場によって軽減されるようになりました。女性をはじめ、接客業や営業職など、歯の見た目に気を遣いたい方は多いもの。リンガル矯正は、そんな方々の悩みやトラブルを解消します。

■より薄く快適な治療を実現するリンガル矯正装置「ハーモニー」
リンガル矯正と一口にいっても、さまざまなタイプがあります。装置によって、装着感や効果に違いがあります。歯並びや口腔内の状態は一人ひとり異なるため、より効果的な矯正治療のためにも、その人にとってベストな装置を選ぶことが大切です。
ここでおすすめしたいのが、完全オーダーメイドにて矯正装置を作製する「ハーモニー矯正システム」です。既存の矯正装置とは異なり、コンピュータ上で利用者の歯並びにフィットする形状をシミュレーションしてから作製するため、より精度の高い歯列移動を実現します。完全オーダーメイドの利点を生かした、理想的な矯正治療といえます。
また、ハーモニー矯正システムでは矯正装置とワイヤー間の摩擦を軽減するセルフライゲーションという機構を採用しています。これにより、歯に負荷がかかることもなく、よりスピーディーな治療を進めることが可能になりました。歯や口腔内への違和感も少ないため、治療中も快適です。

■リンガル矯正で歯並びの悩みを解消

矯正治療によってメリットは実にさまざまですが、歯の見た目などの理由から、治療自体を諦めているという方もいるかもしれません。歯並びを治すことができれば、口腔内の問題をはじめ、コンプレックス解消にもつながります。
ここでご紹介したリンガル矯正をはじめ、時代とともに新しい治療法が登場している矯正治療。専門歯科であれば、さまざまな治療の選択肢があります。

大阪にあるライフデンタルクリニックでは、上述した矯正治療が可能です。他にも、さまざまな要望に合わせた各種矯正プランをご用意しています。大阪周辺にお住まいの方で歯並びの悩みを抱えているのであれば、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。